トラックのおもちゃ

スムーズに作業が終わる

やることリストの作成は、引越しに必要な各作業がハッキリとするため、すべてをスムーズに終わらせたい方に人気になっています。ただし、引越し業者のサービスを使えば、やることリストに載せる必要がない項目もあるので、作成する前に相談しましょう。

ダンボール

準備は早めに始める

引越しを決めた場合は、まずはやることのリストを作成しておきましょう。単身の引越しでも多くの作業や手続きがありますので、不備のないようしっかり確認しておきましょう。業者選びなどの準備はできるだけ早く始めておきたいものです。

男女

引っ越しで何をするか

引越しは行き当たりばったりでは失敗します。やることと買うものをリストにまとめておけば円滑に進めることができます。リストにまとめておけば、当日になってあれをやり忘れたとか買い忘れたとかという事はなくなります。

女性

業者の選定

引越しの際に最初にやることは引越し業社の選定です。その際に大事なのは業社数社に見積りを取ることです。運び出し家財をリストアップしているとスムーズに見積りを行ってもらえます。数社に見積りを取れば引越し費用をより安く抑える交渉も可能です。

男性作業員

事前準備として

引越しをする場面では、やることがたくさんありますので、事前にやることリストを書いておくとよいでしょう。具体的には、水道やガスそして電気を止めることです。もう一つは、現在住んでいる役所に提出する転居届や転出届になります。

作っておく必要があるもの

男女

忘れものをしない対策

引越しをすると決めた時、一番初めにすることは「やることが必要なこと」リストを作ることです。何をどんな順でする必要があるのか、判らない人も多いと思われるからです。そのやることのリストの内容はネット検索を利用して、引越しの時にすることを調べることで判ります。引越しが決まった時からすぐにすることから、前日までにすることや当日することまで判るようになっています。やることのリスト作ることで忘れものはないのかと言う判断を下すことが出来、イザと言う時に慌てる必要もなくなります。引越しが決まった時にすぐするやることのリストには、運送会社の手配が含まれます。時期によっては忙しいこともあり、日程が決まらない場合もありますので注意が必要です。賃貸契約をしているなら、引越しの日程が決まったならば、解約のお願いをすることになります。また家電製品の処分や粗大ごみの処分も必要であれば、依頼が必要になってきます。これら処分にはすぐに来てくれる訳ではありませんので、早めの依頼が良いと思われます。また、お子さんが学校に通っている場合では、学校に連絡を入れると共に在学証明書と教科用図書給与証明書をもらうようにします。次に行うものとして、役所への転出届けから郵便局、銀行や電気ガス会社などの公共機関等へ住所変更届けを出すことになります。最近ではインターネットを接続している家庭も多いことから、ネット接続会社へも住所変更ないし解約届けが必要です。ペット類を飼っている時には、保健所への届け出も必要になって来ます。引越し前にすることがたくさんありますが引越し後のことも含めてリストを作ります。一つ一つチェックを入れておくと忘れることがなく、安心して準備をすすめることが出来ます。