引っ越しで何をするか

男女

引っ越しは事前準備をやる

引越しは、やることが多すぎてバタバタしてしまうものです。行き当たりばったりでやるものではありませんし、無計画でやってしまいますと大変な目に遭います。大事なのは、何をしなければならないのか、やることをリストに書き留めておくのがベストです。リストにしてやることをまとめておけば引越し当日はバタバタしませんし、円滑に引っ越しを進めることが出来ます。最も、引越しは二か月前から事前準備が必要です。新居での契約は住んでいますので、あとは引っ越し業者に依頼するだけです。多くの企業がありますので、一括見積サイトで金額がリーズナブルな所を選ぶか、サービスが良い所かのいずれかを選ぶことがありますが、どこの企業を選ぶかはその人次第です。そして、ライフラインの契約もあります。転居先のガス水道電気の契約も必要ですし、特にガスの開栓は当人が立ち会わないとできませんので、引越し先のガス会社と日取りを決めて開栓日を決めないといけません。それ以外の電気と水道は使える状態になっていますので、転居先についてから契約書を送るだけです。電話もガスと同様に立ち会わないと回線が通じません。特にインターネットで光ケーブルを引く際は工事が入りますので必ず立ち会わないといけません。そして、転居先の市町村役場へ転入届を差出さなければなりません。運転免許があれば、最寄りの警察署か免許センターで現住所変更をしなければなりません。これらだけでもやることはかなりあります。やること以外でも転居先で必要なものを買う時も必要なものをリストにまとめて買い物に行かなければなりません。つまり、やることと買うものは必ずリストにまとめましょう。