事前準備として

男性作業員

書いておきたいこととは

これから引越しをする場合には、やることリストを作っておいた方がよいです。やることリストを作っておいた方がよい理由は、引越しをするときには非常に忙しく本来やらなければいけない重要なことをうっかり忘れてしまうからです。そこで、可能ならば引越しをする前の落ち着いた段階でやることリストを作っておきましょう。では、やることリストに入れておく内容はどのようなものがよいかが問題になりますが、引越しをする前の段階でやっておかなければならないことの一つが、電気やガスあるいは水道を止めることです。たいていの場合は、引っ越し直前でも問題ありませんが後回しにすると忘れてしまいそのままお金が請求される可能性があります。そこで、引っ越すことが決まったならば、いつまで利用し続けるかの意思表示を電話でする必要があります。繁忙期の二月から三月にかけては、なかなか電話がつながらない可能性がありますので、ある程度早い段階でしておく必要があります。次に、やるべきことは市役所に手続きをしに行くことです。必要なのは、転居届と転出届だけになりますが、同じ市町村の中で引っ越し行う場合には転居届を出す必要があります。これに対して、同じ市町村以外の所に引っ越しをする場合には、転出届を出す必要があるでしょう。そして、新しく引っ越した先の役所では転入届を出さなければなりません。これらは忘れやすいですので、わかりやすいように太字や赤字でやることリストに加えておく必要があります。